最近の30代の男性にもなると1人暮らし生活が10年くらいなる人もいた家事は自分でしないといけなかったから、分担することに関しては抵抗がない人が多いようです。

逆に周りを見ているとやってたからこそ、一緒に住むと洗剤や柔軟剤の香りなどでもめたり、布団のマットレスの硬さやシーツ交換やバスタオル交換のタイミングで揉めたりと些細なことが合わせるのが大変だそうです。特に男性はにおいが甘いのがダメなメンズが多いから洗濯は各自でと言う人も多いそうです。

料理は帰りが早い方がやる。という家庭も少なくはないそうです。なぜなら自分の給料だけでは生活が賄えないので、奥さんと共働きを望む人たちが多いのも現状のようです。家事分担制度は両親たちの世代だとあんまり考えられないそうです。

しかし、九州人はやっぱり、昔ながらの九州男児はも多く家庭は妻と言う人も多いようです。特にその傾向は独り身男性の願望として最近耳にします。そう融合ができていない30代の人間が残っているメンツが少なからず自分の周りには多くいるのです。

最近は男性よりっ女性がつよ語り給料が良かったりで「立場がない」という声も飲み会の話題。何か30代独身男性がうまく婚活するポイントはないものでしょうか?と日々考える日々を過しています。